アンチエイジングと糖化の関係性とは?

日本ではアンチエイジングに興味を持つ女性が増えています。
アンチエイジングで注目されているのが抗糖化です。
過剰な糖分が体の中のタンパク質と結びついてAGEsという老化物質が生成されることを糖化と呼びます。
AGEsは英語の略で、日本語では終末糖化産物といいます。
糖類は人間の生命活動において必要不可欠な栄養素ですが、糖化が進むと肌のシミやシワ、くすみの原因になります。
糖化によって生成されるAGEsは体内の組織に作用して様々な病気を引き起こします。
美容にも健康にも悪影響を及ぼすのが糖化です。
血液中に余分な糖分があってタンパク質や脂質と結びつくと終末糖化産物が生まれます。
自宅でホットケーキやクッキーを作る場合、焼いていると色が徐々に褐色に変化します。
この変化も糖化になります。
牛乳や卵などのタンパク質と砂糖が結びつくと変性して褐色に変化します。
ホットケーキやクッキーが焼けると美味しそうな香りが漂ってきますが、人間の場合は老化現象につながります。
糖化によって肌の弾力やハリを保つコラーゲンが壊されると、肌は徐々に劣化していきます。
老廃物が皮膚の細胞につくと色素沈着が生じて肌の透明感が失われてしまいます。
髪の毛はタンパク質からできていますが、髪のタンパク質が糖化すると美しいツヤとハリがなくなります。
AGEsは硬くて褐色という特徴がありますが、肌や髪に影響が出ると年齢よりも老けてみえます。
糖化が内臓や血管に影響を与えるようになると健康問題にもつながります。
血管の組織が弱くなり、血管の壁に炎症が起こりやすくなります。
血管が弱くなると動脈硬化の原因になり、動脈硬化が進めば脳梗塞や心筋梗塞などの心配も出てきます。
老廃物が含まれた血液をろ過して尿を作っているのが腎臓ですが、ろ過を行っている膜はタンパク質からできているの糖化でフィルターの機能に問題が生じると腎機能が低下します。
腎機能が低下すると血液中にあるタンパク質が尿に漏れ出します。
骨粗しょう症や白内障、網膜症のリスクも高まります。
AGEsは食事をしてから1時間の間にできやすいですが、これは食べてから30分から1時間で血糖値が上がるからです。
健康診断を行うとヘモグロビンA1cと血糖値が測定されますが、この2つの値が正常であっても食後の血糖値が高いと糖化が進みます。
食事をして血糖値が上がるとインスリンが分泌されますが、インスリンの作用で血糖値が下がると一時的な低血糖状態になって空腹感を感じるようになります。
血糖エネルギーは脂肪になり、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されます。
糖分は人間が生きるために必要な栄養素なので糖分の摂取は大切ですが、血糖値を急激に上げない食品を選ぶことが重要です。
最近は日本でもGI値がよく知られるようになっています。
GI値はブドウ糖の血糖上昇率を100としたときの血糖値の上昇割合を示したものです。
GI値の数字が低いと血糖値が上がりにくくなり、GI値が高いと血糖値が上がりやすくなります。
食事をする場合は、できるだけ低GI値の食品を選ぶことで糖化を抑えることができます。
抗糖化生活では食事をするときの順番も重要です。
ご飯やパンなどの炭水化物を摂取する前にタンパク質を含む魚や肉、食物繊維が豊富な野菜を食べます。
血糖値が最も上がるのは食事をしてから1時間後です。
この時間帯にウォーキングを30分から1時間くらい行うと糖化のリスクを抑えることができます。
軽い有酸素運動を行うことでストレスの解消効果も期待できます。
運動をすると水分を補給したくなりますが、糖分が多く含まれるドリンクを摂取すると血糖値が急激に上がります。
運動後に飲むドリンクは糖分が含まれないものを選ぶことが大切です。
日本では禁煙化が進んでいますが、タバコの煙もAGEsを増やすので注意が必要になります。
老化と病気の大きな原因となる糖化は、自分の努力次第で抑えることができます。
アンチエイジングのためにエイジングケア用の化粧品を使っている人は多いです。
最近は糖化ケアに着目した化粧品が次々と登場しています。
抗糖化成分として注目を集めているのがブルーベリーエキスです。
ブルーベリーは目に良いことからサプリメントも人気がありますが、糖化も抑えてくれます。
ブルーベリーには抗酸化力があるポリフェノールやビタミンA、ビタミンEが豊富に含まれます。
活性酸素から体と肌を守ってくれるので、国内外の多くのエイジングケア化粧品に配合され多くの女性が利用しています。
老化を防ぐには体の内側からのアプローチと外側からのアプローチが必要です。
肌の衰えを感じた場合は食事の内容を見直し、糖化や酸化を防ぐような食品を摂取するようにします。
化粧品もブルーベリーなど老化から肌を守る成分が配合されたものを使うことで、若々しい肌を維持することが可能です。
毎日の生活を小まめにチェックして糖化を防ぐことが美しさと健康につながります。