老化を止める抗糖化スキンケア化粧品とは?

抗糖化とは、アンチエイジングの観点から最近では非常に注目されるようになってきているキーワードになってきました。
糖化のメカニズムとしては、本来身体に必要な糖質がタンパク質を劣化させてしまうことになります。

糖化とは?

糖質と聞くと通常イメージするものは甘いお菓子を想像しがちなのですが、実際にはご飯・パン・パスタなどといった主食となるものにもたくさん含まれています。
基本的には量の差はあるもののほぼすべての食品に含まれているとても身近な成分でもあります。
糖質は本来は身体のエネルギー源として機能します。
ですので、糖質をとらない生活をしていると頭も身体も働かないことも事実です。

しかし、身体に欠かせないもののはずである糖質がどうして老化の原因になってしまうのかというと糖質が食事などを摂取して糖質が身体の中に入ることで体内のあちこちにあるタンパク質と糖質が結びついてタンパク質が劣化させてしまいます。

この劣化したタンパク質を通称でAGEsと呼びます。
このAGEsは身体のあちこちに溜まることにより体に悪影響を及ぼすというわけです。

AGEsが溜まるとどうなる?

AGEsが骨に溜まると骨粗鬆症を引き起こす可能性があり、肌にたまると老化を招くと言われています。
老化を止めるにあたっては、抗糖化が非常に重要な要素となっています。

糖化防止にとれる方法はいくつかありますが、スキンケア化粧品を使ってみるというのもその一つです。

糖化のメカニズムが解明されつつある中で現在多くの化粧品メーカーが開発にしのぎを削っているのが、AGEsの生成を抑制することによって肌の潤いとハリを維持するために使用する抗糖化スキンケア化粧品です。
スキンケアを目的とする化粧品にはたくさんの商品があり、アンチエイジング効果や抗酸化作用をうたったものを簡単に目にすることができます。

しかし、糖化対策はまた別のものとしてとらえられているのが現状です。
その理由は、美容成分として人気といわれるコラーゲン・アスタキサンチンなどの美容成分では糖化を防ぐことはできないためです。

糖化を防ぐスキンケア

これまでのエイジングケア化粧品にはなかった新しい効果を実感できる糖化防止のためのスキンケア化粧品を使用することが、老化を食い止めるためには重要といえます。

では、糖化防止ができる化粧品を選ぶにはどのような商品を選ぶと良いでしょうか。

ポイント①

抗糖化ができると宣伝している化粧品を選ぶことが重要と言われています。
まだ糖化防止ができる化粧品はそこまで多いわけではありません。

ですので、まずは糖化を防ぐことがきちんと明示されている商品を選ぶことが前提となるでしょう。

ポイント②

次に、糖化を防ぐ成分が配合されたものを選ぶことが重要となります。
主に糖化を防ぐ成分として注目されている美容成分にはEGFが挙げられます。

EGFには細胞を活性化することによって肌の再生能力をサポートしたり、肌トラブルの抑制やターンオーバーの活性化などを行ってくれる効果があることで期待される成分です。

真皮に効果があるため、使用すると肌の奥まで浸透して効き目を実感することが出来ます。
カルノシン・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB6・αリポ酸などの成分も糖化を防止する効果がある成分です。

ほかには、植物由来の成分でありAGEsを抑える効果のほかコラーゲンの生成をサポートする役割を担う桜の花エキスが注目されています。

抗炎症作用のあるコウキエキス・AGEsを切断するシモツケソウエキス・セイヨウオオバコ種子エキス・マロニエエキス・イチョウの葉・よもぎエキスなども糖化防止に効果があると言われています。

購入のときにはこうした成分が含まれているかどうかを確認してみることが大切です。

抗糖化スキンケア化粧品のデメリット

それは、1ヶ月分が1万円以上する高価な商品も多いということです。

まだそこまでこうしたタイプの商品が出回っているわけではありませんので、できればシリーズを通して化粧水からクリームまでライン使いで抗糖化ができる化粧品を使うことが理想ではあるのですが家計の負担になるのであればシリーズのうち1つまたは2つを糖化防止ができるスキンケア化粧品にかえてみると良いでしょう。

また、いくら効き目がある商品のように感じたとしてもすぐにフルボトルを買うのはなかなか勇気がいると予測できます。

ただ、もしも数日分試せるトライアルセットやミニボトルがあるのであれば自分の肌に合うか確認することが簡単にできるため、率先して利用するのも有効です。お手頃価格なミニボトルがあるかどうかも購入の決め手になりやすいことを覚えておきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

化粧品に頼るのも良いのですがトータルケアの観点から、生活習慣をちょっと変えておくことも効果があります。
日常生活で気を付けたほうがよい点としては、糖質があまり多い食事を避けておいたり運動を行うことが重要です。
睡眠時間をしっかりと確保しておくことも、アンチエイジングに重要といえます。