りんごの香りがするカモミールとは?

ハーブには色々なものがありますが、リラックス効果のあるハーブといえばカモミールが挙げられます。
「名前は知っているけれど実際には使った事がない」と言う方も多いのではないでしょうか。

カモミールはフローラルというよりかりんごのようなジューシーな香りがするとも言われていますが実際はどうなんでしょうか。

カモミールには種類がある

Beautiful woman portrait in flowers field

しかしカモミールには多年草と一年草の2種類があり、種類によって少し香りが異なり、効果も異なるとことがあります。
ですので初めに種類と簡単な効能からご説明していきますね。

多年草の「ローマンカモミール」は緊張による頭痛や腹痛、胃炎などを和らげる効果があります。
鎮静作用もあり不安や緊張、怒りなどを和らげてリラックスさせる効果があり、ストレスを緩和して安定した状態に導きます。
こちらのが香りが強く搾油も全体からできる為、精油に使われることが多い種類になります。

一年草の「ジャーマンカモミール」は、昔から安眠薬として使われてきたハーブです。
胃腸の調子を整える効果もあり、疲労回復やストレスの解消にも役立ちます。
女性特有の月経痛などの症状緩和や、炎症を改善する効果もあります。
世界中で最も飲まれているハーブティーの一つで、西洋のメディカルハーブとしてはローマンよりもジャーマンがよく使われます。

りんごの香りってホント!?

Basket of mature red apples on a green meadow with camomiles.

昔から使われているハーブで古代ギリシャ人は「大地のりんご」とも呼んだほど、りんごのような香りが特徴的なハーブとなっています。
植えている場所に花があれば柔らかなりんごのような匂いが感じられる程です。

一度嗅いだだけでは分かりにくいのですが、ローマンはりんごのようなほんのり甘酸っぱい穏やかな匂いがし、ジャーマンはりんごの甘い匂いと干草のような匂いがすると表現されます。

比較的馴染みやすいと思いますが、ハーブですので好き嫌いがあります。
またジャーマンの方はりんごではなく薬のような匂いに感じられるという人も多くいます。

馴染みやすい匂いですのでアロマを使ったアイテムやハーブティーとして飲んだりする場合には、あまり抵抗を感じないというケースもよくあります。

ハーブティーがオススメ

カモミールを取り入れたいという場合には、ハーブティーがオススメです。

お腹の調子が悪いときなどは、痛みなどを緩和してお腹の調子を整えたり、安眠効果もあるため疲れている時や寝付けないときなどにも効果的なハーブティーとなっています。

ハーブティーとして取り入れる場合には、どちらの種類もありますがジャーマンの方が匂いが華やかな印象です。
ただ個人差があるため飲み比べてみるものオススメとなります。

甘い匂いがしますが、実際飲んでみると甘くはなく苦味があるため飲むのに苦手意識を持ってしまう人も少なくないとされています。
そんな場合には、アレンジすることで継続して飲むことができます。

カモミールティーの飲み方

Chamomile tea with dry and fresh chamomile

ハーブティーの入れ方としては、小さじ一杯をお湯に入れて5分蒸らすだけで飲むことができます。
胃腸の不調には、小さじ2〜3杯に対して200ccの熱湯を注ぎ5〜10分ほど蒸らして綺麗にこします。
1日数回食間にゆっくり飲むと効果的です。

アレンジとして一般的なのが、相性の良いハチミツと合わせるということです。
少し足すだけでも甘さが引き立ち飲みやすい味になります。

ミルクを加えるのもオススメです。
ミルクにも安眠効果があるため、寝つきが悪いというときにはミルクティーにして飲むことで寝つきが良くなると考えられます。

寒いときにはすりおろし生姜を加えるのも効果的です。
生姜の効果によって体が温まります。

変わった飲み方としては、ハーブチンキを加えるという方法もあります。
ハーブチンキとは生薬やハーブをウォッカやホワイトリカーなどのお酒に浸して作るハーブの抽出液になります。
カモミールのドライフラワーをお酒に浸して瓶に入れて、冷暗所に置き二ヶ月熟成して濾過したら完成です。
これをハーブティーの中に加えることで、通常のハーブティーとは異なる味を楽しめます。

スキンケアでの使用も効果あり

カモミール シャンプー

カモミールの精油には強い抗炎症抗アレルギー作用があり、アトピーやアレルギー性皮膚炎などのかゆみを和らげたり皮膚の再生を促すためスキンケアにも最適なハーブとなっています。
市販されるスキンケアアイテムにもよく配合されるハーブで、カミツレエキスという名前で配合されています。

実際にカモミールの効果をしっかり出したい、という場合にはハンドクリームや保湿クリームに加えるのもオススメです。
精油を入れることで香りを楽しめるだけではなく、炎症を改善したり保湿効果を期待することができます。

クリームは簡単に手作りすることができます。
ミツロウとホホバオイルを計測したら耐熱性の容器に入れ、湯煎してよく混ぜます。
ミツロウの粒が残らないところまで溶かしたら湯煎から外し、クリーム容器に一気に流し込みます。
クリームの表面が固まり始めたら固まっていない部分にカモミールの精油を入れて全体的によく混ぜていきます。
全体が混ざったら容器の底をテーブルなどの硬いところで軽く打ち付けてクリームの中に入った空気を抜きます。
クリームが冷めたらフタをして完成です。

カモミールは飲んだり塗ったりと色々な使い方をすることができリラックス効果のあるハーブではありますが、妊娠中は避けるようにすることが大切です。
また、キク科の植物ですのでキクアレルギーがある場合にも避けたほうが無難と言えます。

色々な事に使えるカモミール

実際にりんごの香りがするカモミールですが、その他のフラワー系のものと比べ比較的馴染みやすい香りがします。
香りには好みもありますので、精油を扱っているお店等で一度香りを確かめてみるのもアリかもしれません。