ローマンカモミールの効果効能とは?

女性に人気なハーブの1つであるカモミール
カモミールの中でもジャーマンカモミールとローマンカモミールという種類があり、それぞれで効能が異なるところがあります。

今回はその一つであるローマンカモミールについて調べてみました。

香りのいいローマン

Massage oil and chamomile on a old wooden background

ローマンカモミールは世界中に自生しているキク科の多年草で、鑑賞用に栽培されている場合もありますが、主に精油の原料に用いられています。

精油の原料という使い方が主だと聞くと、ハーブティーとして飲まれているのもそれなのではないか、そちらの方がメインなのではないかと疑問に思う人がいるかも知れません。
しかし、カモミールの名を持つキク科の植物には、このローマンだけではなくジャーマンという種類もあって、ハーブティーによく使用されているのはジャーマンの方です。

ローマンの方は、残念ながらハーブティーにすると苦みが強くなってしまい、飲むのにはあまり適していません。
そのため、ハーブティーに使われることもあるのですが、どちらかと言うと精油の原料にされることの方が多いのです。
ただ、そのように精油にした時にはシャーマンよりも強くて良い香りがするので、こちらの方が原料としてより優れていると言われています。
ギリシアでは大地のリンゴという呼び名があることにも表れているように、その香りは青リンゴに似た甘酸っぱさが感じられるものです。

また、ジャーマンは花からだけしか精油が抽出出来ないのですが、こちらは花だけではなく葉からも抽出することが可能だという点も、精油の原料に適しているとされる理由となっています。
さらに、精油にした時の効果や効能も、こちらの方がジャーマンよりも優れていると言われています。

香りがいいたけではない、優秀な効果

bodycare accessories on white

そんなローマンカモミールの効果効能には、大きく分けると精神に関するものと肉体に関するものに分けられるので、それぞれを紹介していきます。

精神的な効果効能

このハーブには中枢神経の興奮を鎮めて、気持ちを落ち着かせる働きがあると言われています。
その働きによって、イライラした気分が鎮まったり、大きなショックを受けて落ち込んだ気分が楽になったり、パニックになりそうな心の状態を収めたり、悲しみに暮れた心に癒しをもたらしたりといったように、精神的に大変な状態になってしまう色々な場面で役に立ってくれることが期待出来ます。

もしも試験やプレゼンテーションなどの大事な場面になるとどうしても緊張してしまい、普段の実力が発揮できないのであれば、事前にこのハーブの香りを嗅いでおくことにより、緊張が和らいで良い結果をもたらすことになる可能性があります。
また、自分のことが嫌になった時にその香りを嗅ぐと、自分自身を受け入れようという気持ちになれると言われています。

そういった働きが期待されることから、ヨーロッパなどでは心理的なカウンセリングの際に用いられることもあるほどです。
さらに、気持ちが落ち着くと心地良い眠りにつきやすくなることから、寝室にその香りをだ酔わせておくことで、不眠の解消につながるという効果も期待出来ます。

肉体的な効果効能

次はローマンカモミールの肉体に関する効果効能を紹介するのですが、それらは精神に関するものよりも種類が多いです。

 

鎮痛

それらの中でまず最初に挙げられるのは、痛みを鎮めるという働きです。
人間は体の中の色々な部位に痛みが出てしまうものです。

このハーブから抽出した精油の香りには、頭痛・筋肉痛、歯痛、関節痛・神経痛など、多くの部位の痛みを和らげる効果があるとされているので、子供から大人まで、幅広い年齢層の人たちの役に立つことが期待されます。

PMS緩和

女性に特有の辛い痛みに生理痛がありますが、それにもこのハーブの香りが軽減効果を持っていると言われているので、アロマ好きの女性は特にこれの精油を持っていると良いでしょう。女性だけに期待出来る効果には、生理不順更年期障害といったホルモンに関係する症状を緩和するというものがあります。

さらに、上でも挙げたイライラを軽減する働きもあるので、生理中の女性に最適なハーブだと言っても過言ではないかも知れません。
このハーブは遠い昔から、そのような女性特有の悩みを解消するために役立てられて来たもので、マザーハーブという異名があるほどなのです。

 

スキンケア

次に挙げられる肉体に関する効果効能は、お肌の状態を良くするというものです。
冬場になるとお肌が乾燥してしまい、辛いかゆみに悩まされるという人は少なくないでしょう。
このハーブから取った精油を配合したスキンケア用のアイテムを、かゆみが生じているお肌に使用することで、その辛さを緩和することが可能です。

抗炎症

抗炎症作用も有していることから、ニキビ・アトピー性皮膚炎・じんましん・肌荒れといった症状の改善にも役立つと言われています。
さらに、頭皮に潤いを与える働きもあることから、ヘアケア用のアイテムに使用すると、髪の毛のコンディションが向上することも期待出来ます。

胃腸ケア

最後に挙げられるのはそれほど多くは使用されていない、ハーブティーにした時に得られる効果効能です。
ローマンカモミールのハーブティーには、胃腸の健康を促進する働きがあり、消化不良・吐き気・下痢といった症状を和らげることが可能だと言われています。

それぞれに合ったケア方法を正しく選ぼう

カモミールには様々な効果効能がありましたが、悩みによって香りに使用する場合やティーにする場合、塗る場合と使用方法も異なります。
手に入りやすいハーブではありますが、今回お話したように種類や使用方法によっても異なってきますので、自分にあったものでお試ししてみてくださいね。