カモミールシャンプーって実際どうなの?

カモミール シャンプー

リンゴのような香りでフレグランスとしても使われ、お茶にすれば安眠作用があり、さらにハンドクリームとして使えば手はしっとり……とかなりマルチな能力を発揮してくれるカモミール。
その万能さから“植物のお医者さん”とも呼ばれていますが、そんなカモミールはシャンプーにもすることができるってご存知でしたか?
カモミールティーやハンドクリームは聞いたことがあってもさすがにシャンプーは聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?
今回はそんなカモミールのシャンプーにはどんな効果があるのか、どんなものがあるのか徹底的にお伝えしようと思います

よく言われるカモミールシャンプーの効果

まずは、この記事を読んでいる人がおそらく気になっているカモミールシャンプーの「効果」からご紹介します。
「カモミール配合」とパッケージに書かれていても

  • オーガニックだからなんとなく普通のシャンプーよりは身体にいい感じがしたから買ってみただけ
  • よさそうだから買ってみたけど実際何に効果あるのかわからない

というパターンも多いのでは?
実はそんなカモミールシャンプーに期待されている効果は大きく2つあります。

保湿・肌に優しい

保湿・肌に優しいといわれている

みなさんのイメージ通りカモミールは

  • 抗炎症作用
  • 鎮静作用
  • 保湿作用

を持つハーブです。なので、頭皮が敏感な人でも安心して使えると言われています。
市販の1,000円以下のシャンプーだとどうしてもなんだか頭皮が痒い……そんな人は頭皮が乾燥してしまってその結果炎症が起こってしまっているかもしれません
一度カモミールシャンプーで頭皮をケアしてみることをおすすめします。

育毛効果

育毛効果

オーガニックや肌に優しいというイメージがかなり強いカモミールですが、意外にも育毛効果を謳うシャンプーにも含まれています。
というのも育毛のためには

  • 頭皮を清潔に保つこと(抗炎症作用・抗アレルギー作用)
  • 髪の毛周りの血行をよくしてあげること(血行促進作用)

が必要といわれているのですが、カモミールはなんと、どちらの効能も持っている優秀なハーブなんです。
歳を重ねて最近髪の毛が少なくなってきてしまったかも、ボリュームが欲しいなあという人にもカモミールシャンプーはおすすめです。

おまけ:抗糖化作用も?

カモミールには抗糖化作用も期待されている

カモミールには抗糖化作用も期待されている

また、カモミールシャンプーではこの作用を謳っているものはありませんでしたが、カモミール自体は抗糖化作用が高いハーブとしても認められています。
詳しくは「糖化って何?老化に関係する理由とは」の記事でもお伝えしているのですが、糖化が進んでしまうと実際の年齢よりも老けて見えてしまいます。
髪も例外ではなく糖化が進んでしまうと艶やコシがなくなってしまうんです。
そんな糖化を防いでくれる役割(抗糖化)をしてくれるハーブとして今注目されているのがカモミール。
もしかするとカモミールシャンプーを使うことで抗糖化作用も期待できるかもしれません

糖化って何?老化に関係する理由とは

2018.09.26

カモミールシャンプーが合わない!そんなときはこれを見直そう

ここまではカモミールシャンプーに期待できる効果をお伝えしてまいりましたが、残念なことにすべての人にカモミールシャンプーをおすすめできるかどうかと言ったらそうではありません。残念ながら合わないというパターンもあります。
そこでこちらの項目ではカモミールシャンプーが体質的に合わない人がチェックしておきたいポイントを2つご紹介します。

アレルギー体質ではありませんか?

カモミールオイル

カモミールはキク科の植物です。なのでキク科の植物にたいしてアレルギーを持っている人はまれにシャンプーでも成分が反応してしまう可能性があります。
また秋に発生するブタクサアレルギーの人も注意。もしかするとカモミールアレルギーではないと思っていても反応してしまう可能性があります。
(※ただし、シャンプーに含まれるカモミールは手作りでもないかぎりごく少量なのでアレルギー反応を起こすことはまれではないかと考えられます)

界面活性剤に反応してしまっていませんか?

もうひとつは、そもそもカモミールに反応してしまっているわけではないという可能性です。
というのも先ほども申し上げた通り、シャンプーに含まれるカモミールはごく少量なので、「合わない」と言っている人は“それ以外のもの”に反応してしまっている可能性が高いのです。
特にシャンプーで人の肌に反応してしまう可能性が高いのが界面活性剤(石けん)の部分。
「カモミールもブタクサもアレルギーないはずなのに、なんだかこの前のカモミールシャンプーは合わなかったなぁ」
という人は一度ベースの部分が違う別のカモミールシャンプーを試してみてはいかがでしょうか?

カモミールシャンプーを使ってみたい人におすすめのシャンプー3選

カモミール シャンプー

ここまではカモミールシャンプーに期待できる効能と、合わないとされる原因についてご紹介してきました。
でも、せっかくカモミールシャンプーに挑戦するならできるだけ外れは引きたくない!というのは誰しもが思うことではないでしょうか?
そこでここからはAge cafe編集部いちの美容マニアがおすすめするカモミールシャンプーを2つご紹介します。

第1位:カモマイルド シャンプー n 300mL

カモマイルド シャンプー n〔主な美容成分〕
毛髪保護成分(ポリグルタミン酸・シロバナワタエキス・アルテア根エキス・ローズマリー葉エキス)配合
※無香料(天然精油の香り)・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコール(エタノール)フリー・弱酸性
※シリコーンフリー
参照元:ハウスオブローズ

Age cafe編集部随一の美容マニアが有名なカモミールシャンプーの成分を見た結果、もっともおすすめしていたのがこちらの「カモマイルドシャンプーn」。
お値段も2,500円(300ml)とそこまで高い金額ではないところが嬉しいところです。
こちらを彼女がすすめていた理由は、カモミール以外の界面活性剤の部分もアミノ酸アラニン系+ベタイン系といったデリケートなダメージヘア向けのものを使っているからとのことでした。
洗いあがりもダメージヘアに悩んでいる人には嬉しいしっとりとした洗いあがり。
ただし、こちらのシャンプーは洗浄力はそこまで高くないので「洗った感じがどうしても欲しい!」という人にはあまりおすすめできないとのこと。

第2位:花密恋(KAMITSUREN)

KAMITSUREN水、ラウロイルメチルアラニンNa、エタノール、ラウラミドDEA、ココアンホ酢酸Na、ペンチレングリコール、カミツレエキス、月見草油、トウキエキス、ポリクオタニウム-10、クエン酸、メントール、ココイル加水分解コラーゲンK、加水分解コラーゲン
参照元:華密恋

次に彼女がおすすめしていたのがこちらの「花密恋(KAMITSUREN)」というシャンプー。
お値段は200mlで2,250円と、コスパ的にはカモマイルドシャンプーnには及ばないものの、こちらもおすすめしていました。
カモミールエキスが25%配合されているのももちろんのこと、界面活性剤も肌に優しいタウリン系で、カモマイルドシャンプーn同様しっとりした感じに仕上がるとのことです。

カモミールのシャンプーを試してみたいけれど何を試したらいいかわからない!という人はまずはここから始めてみてはいかがでしょうか?

カモミールシャンプーを使ってみよう

カモミールシャンプーについて今回の記事では

  • カモミールシャンプーは「地肌に優しい」「育毛効果」を期待する人向けのシャンプーであること
  • もしかしたら今注目されている糖化にも効果があるかもしれないこと
  • ただし、キク科の植物にアレルギーがある場合やブタクサアレルギーの場合は反応するかもしれないこと
  • ※もしかしたら界面活性剤に反応している可能性もある
  • そこでAge cafeの美容マニアいわく「」「」の2つがおすすめであること

をご紹介しました。

まだまだ認知度の低いカモミールシャンプーですが、ハーブとしての効果は絶大。
香りもいいのでぜひバスタイムに取り入れてみては?