カモミールの化粧水ってどんなもの?

「リラックス効果」がある女性に人気なカモミール。
ハーブティーとして知られることが多く、睡眠や女性特有のPMSにも効果があり、女性には嬉しい効果が沢山あるカモミールですが、美容成分としても優秀なんです♪

今回はカモミールの化粧水について詳しく調べてみました。

カモミールの効果効能

Groomed woman’s hands on pastel blue table. Jar of herbal cream. Care about clean, soft and smooth body skin. Beautiful white chamomiles or daisies. Fresh flowers. Empty place for text or logo.

カモミールティーやアロマでリラックス効果や睡眠効果があると有名ですが、実際にはどのような効果があるのでしょうか。

主な効果としては、抗アレルギー、抗炎症、抗菌、傷の治癒、沈静、鎮痛がありアロマでもティーでも多くの効能を謳っています。
香りとしても、飲み物としても良いカモミールですが、肌にも良い効果があるんです!

直接肌へ塗った場合の効能としては、抗炎症作用、抗掻痒作用、保湿作用、血行促進、収斂作用、メラニン色素生成抑制、等がありますので肌にどんな良い効果に繋がるかと言うと…

  • 美白
  • 沈静
  • ニキビ防止
  • 肌荒れ防止
  • ターンオーバー促進

色々な面での効果が期待でき万能な効果をもたらしてくれます。

自作のカモミール化粧水

Dried chamomile flowers in a mortar and massage oil on a white background

色々な効果が期待できるカモミールですが、実際に効果を得ようと考えると自作した濃度の高いモノを使用したい方が多くいらっしゃいます。
そんな気になる自作のカモミール化粧水はどのようにして作るのでしょうか。

主に4パターンの作り方があります。

①カモミールウォーターを使う場合
②精油を使う場合
③カモミールティーを使う場合
④乾燥カモミールを使う場合

自作をしたことない場合、何がなんだか…となってしまいますね。

実際化粧水は精製水と、グリセリンで出来てしまいます。
目的は水分補給になりますから、色々なものが入っていなくて良いのです。
グリセリンは保湿効果と、他の成分を混ぜ合わせる為に使用され、色々な化粧品に配合されているベース剤です。

ただ、それだけでは保湿度や保湿以外の効果が出にくい…となるので色々なものを添加していきます。

上にあげた4つはカモミール液を抽出する方法が異なリますが全て精製水とグリセリンと混ぜていきます。

フローラルフォーターはそのままでも化粧水として使えますが、混ぜて使用もでき簡単に自作化粧水を作れます。
精油を使う場合は精油を溶かすのにエタノールを使用することもありますが、グリセリンでも問題ありませんので比較的簡単です。

乾燥カモミールや、カモミールティーを使用する場合は、まず原液を抽出するところから始めるため、初めてだとなかなかハードルが高いです。

ですので、自分にあった作成方法がどれなのかしっかり考えてから自作を挑戦してみてください。

肌荒れにならない?

Health problem, skin diseases. Young woman showing her itchy back with allergy rash urticaria symptoms

嬉しい効果が沢山のカモミールですが、合わなくて肌荒れになってしまったりしないのでしょうか。
そんなカモミールでも注意したほうが良いことがあります。

抗炎症効果や抗アレルギー効果もありますので、花粉症や鼻づまりも良くするといわれていますが、アレルギー反応が報告されています。

ブタクサ、菊、マリーゴールドやヒナギク等のキク科のアレルギー反応が有る方はカモミールでもアレルギー反応が起こる可能性があるそうです。
ですので、このようなアレルギーをもつ方は飲んでもアレルギー反応がでてしまったり、肌に使用して赤くなったり蕁麻疹のような症状が出てしまう可能性があります。

まず使用するのに心配な方は使用する前にパッチテストを必ず行ってくださね。

手作りをするときの注意

市販の化粧品とは違い、手作りの場合はどの素材を使っていくかで大きく異なります。

例えば精油にしてもそうですし、乾燥カモミールやカモミールティーを使用する場合も、どれだけ精製度が高いのか?等様々な理由があります。

多くに使われている化粧品原料は、肌に影響が起きない為に特別な成分を特化させていたり、肌にあまり良くない作用を起こす可能性がある成分は排除したりしているんですね。
その為、オーガニック製品などでも肌に良いとはいいきれず、特定なアレルギーがない限りは人工生成したもののほうが肌に悪い作用を起こしにくいとされています。

ですので、乾燥カモミール等を使い家で原液を抽出した場合も実際にどのような効果が出るのか?は正しく判断しづらい所です。
産地や種類によっても効果が変わってきたりしますので、もし原料を購入する際はそのあたりも安全であるかは注意してみていきたいところですね。
化粧品での使用をオススメしている所で購入した方が安全かもしれません。

また、安く作れるからといって大量に作り置きしても、自作したものは防腐剤をしっかりといれているわけではないので、1ヶ月目安で使うことをオススメします。
濃度をあやまってしまっても肌あれなどに繋がるため、自作する場合はそのあたりも含め注意してくださいね。

カモミールが入っている化粧品

fragrant oil of chamomile flowers in a glass bottle macro on wooden table horizontal

自作の化粧水だと、色々と気をつけなければいけなかったり、肌が弱い方なんか余計に怖くて手を出しにくいかと思いますが、カモミールの入った化粧水は結構多く存在しています。

カモミールの原料名は化粧品ですとカミツレと表現される事が多く、ひっそりと入っている場合が多いです。

美白や抗炎症、保湿などで使用されていますから、自分の使用したい目的にあわせて選び、記載されているかどうかを選んで見ると良いかも知れないですね。

また、先程お伝えしたとおりカモミールウォーターも化粧水として使用できますので、肌は敏感な方で怖い方はパッチテストもですが、精製水等で薄めて使用してみるのもアリです!

気になる症状に

ティーでもアロマでも化粧品でも使用できる万能なカモミール
普段あまり身近に感じませんが色々なところでもしかしたらお世話になっているかもしれませんね!

女性ならばカモミールに囲まれた生活もありかもしれません
嬉しい効果がいっぱいで、迷ったらカモミールを選んでみてくださいね♪