【カモミールの使い方まとめ】食用にも日常生活にも利用できる!

女性なら誰でも聞いたことがある「カモミール」

カモミールといえば真っ先にカモミールティーを思い浮かべますよね。
なんだか体に良さそうなイメージがあるかもしれませんが、どんなハーブか詳しく知っていますか?

カモミールはハーブティーだけでなく、スキンケアや体のお悩みへの対処にも使われてきた歴史のあるハーブです。

今回はカモミールの種類や効果、副作用、上手な使い方などについて詳しくご紹介します。

カモミールとは?

White flowers in the meadow.

カモミールはギリシャ語で「chamaimelon」(大地のりんご)という意味の言葉に由来します。その名の通り、りんごを思わせる甘い香りが特徴です。白く可憐な花を咲かせます。

古くから薬用として使われ、大変に歴史のある薬草ハーブです。
ヨーロッパでは、紀元前2000年頃から薬用として用いられ、多くの効能を有し、「マザーハーブ(母の薬草)」とも呼ばれています。

日本ではカミツレと呼ばれ、一緒に植えた植物の病気を癒やすことから「植物のお医者さん」と言われてきました。

また、一般的にハーブとして親しまれるカモミールは「ジャーマン・カモミール」と「ローマン・カモミール」の2種があります。

花や葉姿、性質はどちらとも似ていますが、分類上はまったく別の植物です。
単にカモミールというとジャーマン種を指し、ハーブティーとして広く親しまれているものは「ジャーマン・カモミール」のほうです。

カモミールの効能は?

Cup of chamomile tea with dry chamomile flowers

 

カモミールが長く愛さている理由の一つに、その多彩な効能があります。

たとえばカモミールには体内の平滑筋という筋肉の組織を落ち着かせる作用があり、腹痛や胃痙攣、女性の生理痛などを和らげる効能があります。

また、カモミールに含まれるアズレン誘導体という物質が胃の粘膜を修復して丈夫にし、消化機能を正常な状態に整えてくれます。
過敏性腸症候群や胃潰瘍などストレスからくる症状にもとても効果的です。

その他にも、カモミールには次のような効能・効果が秘められていると言われています。

1.カモミール皮膚を様々な刺激から守り、膀胱の炎症や気管支の炎症などを和らげてくれます。カモミールティーの蒸気を吸入すると、花粉症や鼻づまりの症状が軽くなります。

2.心身をリラックスさせる効果があり、夜寝る前にカモミールティーを飲むと不眠症を改善し、よく眠れるようになります。

3.カモミールティーをリンスとして使用すると、髪につやを出すことができます。

4.貧血や冷え性を改善し、吐き気を抑えてくれます。

カモミールティーにして飲んだり、入浴剤としてお風呂に入れたりすることで、これらの多彩な効能を得ることができるんですね。

※注意※
このように女性が嬉しい効能をたくさん持つカモミールですが、子宮を収縮させる効果があるため、妊娠中の方は使用しないでください。
またキク科の植物ですので、キク科アレルギーの方も使用を避けてください。

カモミールの使い方は?

カモミール シャンプー

カモミールの用途はたくさんありますので、まずはザックリとご紹介します。

「カモミール」と聞いて真っ先に思い浮かぶのはカモミールティーですよね。
摘みたてのままティーにするのはもちろん、レモングラスなどのほかのハーブとブレンドしても良いです。
ただし、ローマンカモミールのほうが薬効がありますが、苦味が強いです。

他にもお菓子の飾りやサラダの彩りにしたり、ゼリーやケーキやクッキーなどに入れて楽しめますし、新鮮な花ならエディブルフラワー(食べられる花)にもなります。

また、食用にする以外にも用途は様々です。

シャンプーやトリートメントを手作りしたり、袋に入れて「ハーバルバス」なんていう贅沢な楽しみ方もできちゃいます。

カモミールのりんごに似た香りを活かしてポプリにしたり、ハーブエッセンスにすることも!
さらに乾燥したカモミールが10g以上あるなら、染色も可能です。

このように様々な用途があるので、ぜひ気になるものを試してみてくださいね。

最もポピュラーな「カモミールティー」

Teapot and cup of chamomile tea on wooden background

カモミールの代表的な使用法である「カモミールティー」についてご紹介します。

カモミールティーにはリラックス効果・安眠効果があるので、寝る前に飲むと気持ちが落ち着いてぐっすり眠ることができます。

味はあまりクセがなく、ミルクティーにしたり、砂糖や蜂蜜を加えるとお子さんにも飲みやすいハーブティーになります。
(ただし、飲みやすいのは「ジャーマン・カモミール」です。「ローマン・カモミール」は苦味が強いので、まずはジャーマンから試してみることをオススメします。)

カモミールティーの作り方

夜の間、カモミールは花を閉じてしまい、日の光に当たると開花します。そのため、収穫はしっかりと開花した後、昼前までにするのがいいですね。

収穫したカモミールは、水につけて虫や不純物を取り除きます。その後取り出し、乾かします。
天気の良い日に1週間ほど吊るして乾かしても良いですし、一度200度に予熱してスイッチを切ったオーブンに入れてもOKです(頻繁に様子を見てくださいね)。
乾いたら、清潔な容器に入れて早めに使用します。

入れ方はとっても簡単です。
1.カップにカモミールの花5〜6個入れ、沸かしたてのお湯を注ぎます。
2.ふたをして5分ほど待ち、完成です。

りんごの香りがふわっと漂う、優しいハーブティーが簡単にできちゃいます♪

もしも味が苦手な場合は、ハチミツや牛乳を入れるとマイルドで飲みやすくなりますよ。
寒い季節にはすりおろしショウガを加えると、体がポカポカしてオススメです。

このようにティーだけでも色々な飲み方ができるので、あなた好みの使用方法を試してみてくださいね!