糖化アルブミンが高いとどうなる?

かねてより活性酸素の生成による細胞へのダメージが病気のリスクを高めることは知られています。
ところが変性した糖分の蓄積が体中の組織や細胞に影響を与え、同様に病気のリスクを高め老化を促進する要因として作用することが明らかになってきました。
そこで今回は、糖分の変性がもたらす身体への影響について御紹介します。

糖化アルブミンって何?

Woman refuses white sugar. Dieting, Health care and diabetes prevention concept

本来アルブミンは血液忠の血漿に含まれるたんぱく質の一種で、細胞内に水分を保持すると言う重要な役割を担っています。
仮に十分な量が肝臓で生成されないと、細胞から水分は触れだし四肢の浮腫みや胸水・腹水などを発生させて衰弱を招きます。

ところが加齢で新陳代謝の活性が落ちてきたり、糖分の多いメニューが好物で頻繁に食べるような食生活を継続していると、糖分とたんぱく質は結合したままの状態になって、やがて体中に蓄積されていくことになるのです。
これがグルコ(糖化)アルブミンと言う物質で、人体に有害な老化促進物質のAGEsを生成することになるのです。

これほど重要な役割を有するにもかかわらず肝臓で代謝される過程で糖分と結合すると身体に有害なAGEsを蓄積させるように作用します。
AGEsは血管内壁などのたんぱく質に接触すると変性を促し、本来持っているはずの血管の柔軟性を失わせることになります。

 

糖化アルブミンが出来るまで

toasted bread with crumbs

話を具体的にイメージできるように、パンケーキを調理するときの動作を取り上げます。
パンケーキは小麦粉と砂糖に牛乳をかき混ぜたもので生地を作り、油を引いたフライパンに生地を流しこんで加熱調理します。
加熱が進むと余り香りが立ち上るとともに、片面は黄金色の焼け目がつきます。
この現象を解明した発見者の名前にちなんで、メイラード反応ともいわれています。

この現象は糖分とたんぱく質が加熱によって結合することで生じます。
これと同等の現象が起きると糖化アルブミンと言う物質の生成を招きます。
パンケーキと人間の身体の中の細胞では随分とかけ離れた話のように思えますが、類似した機構をもっているのです。

人間の細胞はすべてたんぱく質を原材料に作られています。
脳や心臓・大血管から指先の毛細血管にいたるまでたんぱく質をもとに生成されているのです。

あらゆる細胞は生命活動を継続するためにエネルギーを常に必要としています。
時には脂肪やたんぱく質などもエネルギー源として消費されることになりますが、それは例外的事象で細胞はまず糖分をエネルギー源に使用します。
脳細胞にいたっては十分な糖分が供給されないと意識を失ったり時には生命の危険にも直面することになる訳です。

食事に含まれた糖分は消化吸収されると、血流にのって全身の細胞を駆け巡ることになり、容易にたんぱく質と結合します。
新陳代謝が活発であれば、正常なたんぱく質に回復します。

 

血管の衰えは肌の衰え

Unrecognizable home healthcare nurse uses glaucometer to check senior female patient’s blood sugar level.

実は血管の柔軟性と言うのは健康を維持し、美しい肌を維持するためには非常に大きな意味を持っています。

体中には大小無数の血管が張り巡らされており、脳幹から身体の末端に至るまで酸素や水分・栄養素を供給しています。
これはいうまでもなく心臓のポンプ機能が不可欠な機能のおかげですが、血管の状態が良好に保たれてこそ初めて可能になるのです。

例えば寒さで血行を良くして温めるために血管を収縮させて血圧を上げることで身体は対応しようとします。
反対に運動をおこなった後で血行が盛んになっている状態では血圧を上げる必要がないので、血管は弛緩状態になり血圧はさがることになります。

このような身体のコンディションによって自在に血圧を調整できるのも、血管の柔軟性が維持されていることが前提になっています。

ところがAGEsが増加すると全身の血管が影響を受け、動脈硬化や糖尿病などの全身疾患のリスクを高めるばかりでなく、肌にも悪影響を与えることになります。

表皮の下には真皮層が広がり、さらにその下には毛細血管や神経などが走る皮下組織になっています。
糖化アルブミンの増加によるAGEsの増加は皮膚の毛細血管にも悪影響を与えるので、コラーゲンやヒアルロン酸などが豊富な真皮層に水分や栄養分を十分供給出来なくなります。
その結果、肌のハリが無くなり乾燥が進み、シワやたるみなど年齢肌特有の肌トラブルが悪化するようになる訳です。

またAGEs自体が黄色い色素を含んでいるので、肌が黄ばんで見えたり、くすみが見られるようになります。
これが「黄くすみ」の問題です。

これは糖化アルブミンだけでなくカルボニル化と言う現象も関与しているとみられています。
カルボニル化とはたんぱく質と脂質の分解物の結合で起きる現象で、紫外線によって皮脂が酸化し過酸化物質に変化すると肌のたんぱく質を黄色くくすませてしまうと言うわけです。
糖化の影響とダブルで聞くすみを生じさせるので、肌のケアには細心の注意が求められるとことです。

 

アルブミンが変性しないように気をつけよう

たんぱく質と糖分が結合する糖化アルブミンの増加は、身体のどこにでも悪影響を及ぼします。
糖分に偏りがちな食生活を改善しバランスのとれた食事から解決に取り組むことが大事です。