糖化すると老け顔に見られる!?

毎日のスキンケアをがんばっているのに、肌がくすんで透明感がない、顔にハリがなくたるみが気になる、シワが増えてきた気がするといった肌悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか。こういったエイジングサインが起こる原因はいくつも考えられますが、糖化が起こっていることもその1つと考えられます。
糖化とは、体内のたんぱく質が余っている糖質と結びついて劣化してしまう現象のことです。劣化したたんぱく質はAGEsと呼ばれます。そして、いったんAGEsが起こるともとに戻ることはなく、体内にどんどん蓄積されていってしまいます。この現象の例えとしてよく出されるのが、ホットケーキです。ホットケーキのタネは、加熱すると卵や牛乳などのたんぱく質が砂糖と結びついて固まり、色も褐色に変化します。ホットケーキの焼き色は美味しく見えますが、体内で同じ現象が起こると、身体にさまざまな害を及ぼしてしまいます。
たとえば、肌の真皮層に存在し、水分を保持してハリや弾力を与えるコラーゲンはたんぱく質の1種です。このコラーゲンの本来の色は透明ですが、AGEsになると黄色くくすみ、硬くなって柔軟性やしなやかさを失い、機能も衰えてしまいます。すると、肌はくすみ、十分に水分を保持することができずにたるみやしわを生んでしまうのです。また、肌の角質層でAGEsが起こればキメが乱れて粗くなるでしょう。もちろん髪も例外ではありません。毛髪内部はケラチンというたんぱく質が詰まっています。このケラチンがAGEsになると、ツヤやハリのないがさついた髪質になってしまいます。ツヤツヤしたきれいな髪は若々しく見せる効果がありますが、カサついた傷んだ髪は老けた印象をあたえるものです。このように、糖化が起こるとぐっと老けて見えるようになってしまうのです。
AGEsの蓄積による影響は、美容面だけではありません。健康面でもいろいろな悪い影響を及ぼします。たとえば、血管のたんぱく質で起これば血管壁がもろくなります。さらに炎症も起こりやすくなりますので、動脈硬化症を発症するリスクが高くなるのです。それに伴い、心筋梗塞などが起こるリスクも高まるでしょう。骨で起これば骨粗鬆症になるリスクが上がりますし、目で起これば白内障や網膜症といった疾患が起こる恐れが高くなるのです。弱った身体ははつらつとした生気を失ってしまいます。若々しさは健康な身体があってのものですので、より老けて見えてしまうようになるでしょう。
それでは、糖化はどんなときに起こるのでしょうか。実は、これはある日突然起こるといったものではありません。たんぱく質は身体を構成する要素ですのでどこにでもありますし、毎日の食事で糖質を摂取します。その食事で摂りすぎた糖質の余りが、体温によって温まり、徐々にたんぱく質と結びついてAGEsへと変性していくのです。つまり、これは特別な現象ではなくて、どんな人でも起こってしまうことなのです。しかし、人によってその進み具合、AGEsの蓄積の度合いは異なります。できるだけ蓄積しないように気をつけることは可能ですので、老け顔にならないように対策を講じましょう。
たんぱく質と糖が結びつきやすいのは、食事のあとの1時間です。これは、血糖値と大きな関係があります。普通、食事をすると30分から1時間の間、血糖値が上昇します。その際にたんぱく質と結びつきやすいのです。そのため、血糖値が急激に上がらないように工夫すればAGEsの生成や蓄積を防止することができるのです。甘い物は控える、よく噛み時間をかけてゆっくり食べるといったことに気をつけましょう。
ただし、糖質自体は身体に悪いものではありません。エネルギーを産生するのに必要な成分ですので、極端に制限するといったことがないようにしましょう。また、糖分を含んでいる食品のなかにも、急激に血糖値を上がりやすいものと上がりにくいものとがあります。血糖値が上昇しやすいものはGIと呼ばれる数値が高く、上昇しにくいものはGI値が低くなります。そこで、意識してGI値の低い食品を選んで食べることで糖化を抑制することができると考えられます。どの食品がどれだけのGI値なのかは、インターネットで簡単に調べることができますので、1度確認しておくといいでしょう。
血糖値が上がる食後1時間の間に軽い運動をすることも、効果的な方法です。ウォーキングなどの有酸素運動を行うといいでしょう。適度な運動は血糖値上昇を抑えるだけでなく、全身の血行を良くして代謝を向上させ、ストレスの解消にも結びつきます。美容にも健康にも意味のあることですので、積極的に取り入れたい習慣です。反対に、運動をしてからすぐに食事をすると血糖値が一気に上昇しますので、注意してください。
糖化を防ぐことでくすみやたるみ、しわを予防し、病気や老け顔になってしまうことを防止しましょう。