糖化が起こる物質について調べてみた

日常会話の中ではあまり耳にしない糖化について紹介します。
そもそも糖化とは、老化を促進する要因として注目されています。食事などからとった余分な糖質が体内のタンパク質などと結びついて細胞などを劣化させる現象で、これが進むと肌のシワやくすみシミとなって皮膚の表面に現れます。
さらに体の表面だけでなく、これによってつくられるAGEは内臓をはじめとする体内組織に作用して多くの病気の原因となることでも知られています。

血液中に余分な糖分があると体内のタンパク質や脂質と結びついて変性させて、老化促進物質を作りだします。
ホットケーキを焼いていると、焼けてきて、褐色になっていく現象がありますが、これも糖化の一種です。ホットケーキミックスの中にある砂糖が玉子や牛乳などのタンパク質と結びついて性質を変えているのです。玉子焼きを作る時に砂糖を入れて焼くと焦げやすくなるのも同じ現象に値します。食物の場合だと、こんがりときれいに焼けるので良く思われますが、人間の体内で同じ現象が起きてもこんがりとは行きません。

まず、肌のハリを保つコラーゲンの繊維が破壊されます。そうなることで肌は弾力を失いたるんで行きます。また糖化によって老廃物も生み出され皮膚の細胞に色素沈着を起こすとシミやくすみとなって肌の表面に露出します。これが、透明感を妨げる原因になります。
髪で起こるとハリやツヤがなくなり、残念な仕上がりになります。こうした現象を総称して老化といいます。老化が起きると、年齢より老けた印象となってしまいます。

肌や髪など表面はまだ見た目だけの問題で済みますが、血管や内臓に影響を与えるとさらに深刻さが増します。血管の組織がもろくなり、血管壁に炎症が起こりやすくなってしまい動脈硬化へと繋がるリスクが上がります。動脈硬化が進むと、高血圧になり心筋梗塞や脳梗塞などの危険が出てきてしまいます。また、腎臓は体内の老廃物を含んだ血液をろ過して尿を作ります。ろ過するための組織はタンパク質で出来ているためフィルター機能が働くなり、腎機能の低下に繋がります。すると、ろ過できなくなり、尿にタンパク質が漏れ出し尿たんぱくの症状が出てきます。
このように、体内で起こると非常に悲惨な現象に陥ります。

では、どのような物質が起こってしまいやすいのかについて話します。
先ほど出てきたAGEとは、Advansed Glycation End Productsの略語であり、タンパク質のメイラード反応によって作られる生成物の総称です。これが老化に関与する生体化学反応による生成物になります。体内に蓄積してきて目に見える老化への影響を及ぼしてきます。
AGEは、揚げ物や脂っぽいものを好んで食べる人により多く蓄積されます。このAGEを表す指標となるのが、糖尿病の検査で用いられるヘモグロビンA1C(エーワンシー)です。赤血球中のタンパク質でもあるヘモグロビンが糖化する初期反応物質で、この数値が高いほど全身に老化する原因が潜んでいると言えます。
この数値は、加熱した油を多く摂取することで上がります。どんな時にAGEが出来やすいかというと、食後1時間後です。この時間帯に血糖値が上がるため、AGE化が進みやすくなります。
これを防ぐには、食後の血糖値を計ることが一番の対策です。ですが、普段から食後の血糖値を計るのはなかなか難しいと思いますが、体感で血糖値を確かめる方法があります。食後に時間ほどで空腹に感じて、その1時間から2時間後に空腹感が収まっているかどうかで判断が出来ます。食後30分から1時間でインスリンが分泌されます。インスリンの作用で血糖値が下がるため一時的に低血糖状態に陥ります。その時に空腹を感じるのです。その時にインスリンによって体内では糖を脂肪に変えています。
若い頃は、代謝がよくAGEを排出出来ていましたが、大人になった今でも食生活が昔と変わらないとAGEが体内に蓄積されるスピードが速まります。食生活の見直しもしていきましょう。

AGE化を防ぐにはビタミンB1やB6、カテキンなどの成分を食生活に取り入れると良いと言われています。
さらに、食品に含まれるAGEの量を半分近く減らしてくれるのが、酢のものです。普段の食事に1品加えることで抑えることが出来ます。
酢以外にも、レモンも効果的です。揚げ物にレモンをかけて食べれば、何もかけていない状態に比べてAGE摂取量が半分に減ったというデータも出ています。
まずは、多く摂取しない事が一番の対策になります。次に、蓄積されたAGEを減らしていけるような物質の摂取していくことが次に重要です。

ひとたび糖尿病や腎臓病になると、一生付き合っていかなければなりません。
食事制限や、運動制限などさまざまな制限が書けられてしまうこともあります。
そうならないためにも定期的に検査をして少しでも異常が発見されたら、早期に対応して対策しましょう。
健康な生活を続けられるヒントになります。