糖化の本当の意味は?

以前はテレビの健康番組や雑誌の健康関連の記事などで、体の老化酸化の原因が酸化であるということがよく紹介されていました。そして、最近ではさらに怖いのは糖化だという話題がよく紹介されるようになって来たので、その単語を聞いたことがあると言う人も大勢いるでしょう。しかし、その漢字の見た目や言葉の響きから、何となく糖分が関係しているのだろうという想像は出来ても、それが本当に何を意味しているのかについては、実はあまり知らないと言う人が少なくないかも知れません。それに関する説明として、よく使われている例えがあります。酸化が体がさび付くことだとするなら、糖化は体が焦げ付くことだと言うものです。糖分を多く含んだ食べ物は、火にかけた時に焦げ付きやすいものなので、その説明を聞くと少しイメージしやすくなることは確かなのですが、それだけでは本当の意味を理解することは難しいでしょう。そこで、その意味についてもう少し詳しく言うと、糖質が体内のタンパク質と結び付いて、AGEと呼ばれる老化物質に変化することです。そのAGEとはAdvancedGlycationEndProductsを略したもので、日本語では終末糖化産物と訳されます。そのAGEが体内に蓄積して行ってしまうと、老化がどんどん進行してしまうのです。本来であれば、食べ物中の糖質は小腸などから吸収されて血液の中に入り、エネルギーに変換されて体を動かすためなどに使われることになります。ですが、糖質を取りすぎるとエネルギーに変換されることなく血液中に長く残ってしまい、その余分な糖質がタンパク質と結び付いてしまうことになるのです。実はこのような現象は多かれ少なかれ、どの人の体内でも起こっているものなのですが、それぞれの人の食生活などの違いにより、それが進行するスピードも大きく変わって来ます。その進行によって引き起こされる老化の表れ方には色々なものがありますが、中でも目に見えて分かりやすいのが、お肌のコンディションが悪くなってしまうというものです。体内でAGEが増えると、お肌を作り上げているコラーゲンやケラチンといったタンパク質に悪い影響を与えることになります。コラーゲンはお肌の弾力に大きく関係しているので、それが破壊されることによりハリが失われて、たるみが生じてしまいます。また、本来は透明なはずのコラーゲンやケラチンが変色してしまい、お肌の透明感が失われたり、くすみやシミが目立ったりするといった問題が起こります。そのような問題がお肌に出て来ると、当然以前よりも老けて見えるようになるため、特に自分の容姿をいつまでも若々しく保ちたいと願う人が多い女性にとっては、見過ごすことの出来ない大きな問題になるでしょう。近年大いに注目されている、アンチエイジングを実現させるための重大な妨げになってしまうのです。AGEの蓄積が引き起こす見た目に関する問題は髪の毛にも表れます。ヘアケアを常に頑張っていても、潤いがなくなってゴワゴワした感じになったり、ツヤが失われたり、すぐに切れてしまったりと、髪の毛に関しての色々な悩みが出て来る恐れがあります。AGEによって生じる老化の問題は、そのように見た目に関するものだけではもちろんありません。人間の体の多くはタンパク質で構成されているので、体内の様々な部分に問題を生じさせるのです。例えば、糖化によって血管が劣化すると、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞といった、恐ろしい病気の原因になってしまう恐れがあります。また、AGEが脳の老化現象を引き起こして、認知症になったり、アルツハイマー病にかかったりしてしまう可能性もあります。骨は主にカルシウムで構成されているので、AGEの蓄積が起こることはないだろうと思う人もいるでしょう。しかし、実は骨の原料はカルシウムだけではなく、たんぱく質の一種のコラーゲンによっても構成されており、それらがAGEに変化してしまうことがあります。その問題の表れ方の代表例は、骨がもろくなってしまう骨粗鬆症という恐ろしい病気です。これらのように、糖化が進行すると見た目が老けて見えると共に、様々な体の不調や病気を引き起こしてしまう恐れが出て来るので、出来るだけAGEの蓄積を予防するような生活を送ることが望ましいと言えます。それでは、具体的にはどのようなやり方で予防すれば良いかと言うと、やはり食べるものに気を付けるという方法をまず挙げることになります。ただし、糖質は体にとって必要な栄養素でもあるので、全く取らないようにするのはむしろ健康に悪い影響を与える恐れがあります。したがって、糖質を取りすぎないように心がけるようにすると良いでしょう。さらに、血糖値が急激に上がるとAGEが出来やすくなるので、食事の時に最初は野菜から食べるようにするという予防法も効果的です。また、適度な運動を習慣付けたり、睡眠をしっかりと取ったり、お酒やたばこを控えたりといったように、生活習慣を見直すことによっても、糖化を予防出来ると言われています。