糖化対策は糖質制限がで予防できる?

糖化は老化を促進する要因として昨今注目されている現象で、食事によってとりこまれた糖(炭水化物)が体の中でたんぱく質などと結びついて生じる現象です。この反応がひとたび体の中で起きてしまうと、若々しい美しさが失われていったり、病気などになりやすい体質になっていくといわれ、美容面でも健康面でもデメリットが生じていくといわれているのです。そして、このような現象は突然起こるわけではなく、毎日摂る食事といった食生活がそのままこの現象につながっているのです。そして、このような反応はどの人の体の中でも起こり続ける現象なのです。
この現象が私たちの食習慣に要因があるということであるため、この現象が起こりやすい食事内容となっている場合には食事を見直すということはとても有効な方法なのです。つまり、糖化対策は糖質制限によって予防的にも行うことができるということなのです。糖の摂取量を減らしていくということでこのような現象に対する策を行うことができるといわれているのです。
このような対策として糖質制限を行うという場合、健康増進と老化予防を目的として食事を見直してみましょう。その場合には糖質摂取量は1日50グラム以下を目安にしてみるという方法があります。また、野菜や大豆、ナッツ類には少量の糖質が含まれています。そのため、穀類やスイーツなどを摂らなくても、野菜や大豆などが使われた製品やナッツ類を多く摂取することで糖質摂取が1日50グラムくらいになるのです。
基本的に糖質20グラムは野菜を普通に食べていればクリアできる量といわれています。このような方法で糖質制限を行うことは糖質対策としては有効であると考えられているのです。このような方法は一つの例で、糖質摂取量についてはさまざまな意見がありますので、自身が納得しやすい形で糖質制限を行っていくと対策を講じることになるのです。
この糖質制限では砂糖や果糖ブドウ糖液糖や高フルクトースコーンシロップなどが入っている食品はできるだけ摂取しないようにしていきます。そして、加工品などの食品は購入時にラベルにある原材料や栄養成分表示などを確認し、砂糖などが含まれていない食品を選ぶようにしましょう。そして、穀物については摂取しないようにしておきます。ただ、糖質摂取量が1日で50グラム以下となるのであれば少々の穀物は許容できるといえます。糖質制限を行う時に、糖質を全くとらないというのはあまりおすすめではありません。続けやすいようにゆるい糖質制限を行うことが継続のポイントになります。1日50グラム以下というように、ある程度の目安を決めたらできるだけそれを続けるようにしていきましょう。また、穀物を摂取する時は生成されていないものを利用したり、野菜やお肉など、食物繊維やタンパク質が多い食品を先に食べた後に摂取するというように工夫していくと無理なく続けやすくなります。満腹になってきたら無理に糖を摂取する必要はないのです。
糖質制限を行う場合には糖質由来のエネルギーを作ることはできません。そのため、タンパク質や脂質由来のエネルギーを作れるように糖質を減らす分、これらの食品をしっかり食べるようにしましょう。資質については健康によい脂肪と悪い脂肪がありますので、ω3系不飽和脂肪酸などの健康によい脂肪を摂るようにしましょう。さらに、肉類よりも大豆や魚介類、ナッツ類の方を多く摂るようにしましょう。
フルーツは糖が豊富ですのであまり食べすぎないようにします。果物はビタミンなどが豊富ですので健康によいといえます。できればレモンやライムといった糖類の少ない柑橘系の果物を摂取するようにするようにしましょう。また、砂糖などが多く入っているジュース類は糖質制限という点では取らないようにすることが推奨されます。また、高温調理された食品を摂取すると糖化最終生成物(AGE)が増えやすくなるといわれています。そのため、あまり食べすぎないようにします。
このようなポイントを踏まえて、食生活を見直すと糖質制限を行うことができ、糖化対策を行うことができます。AGEは酸化ストレスを高め、皮膚の老化や動脈硬化などを促進しやすくなるといわれます。美容や健康面でマイナスの栄養をもたらしてしまうことがわかってきていますので、できるだけこのような物質を生成させないようにしていきましょう。
また、このような現象を防止するという目的で糖質制限を行う場合、食事面だけでなく、食生活や生活面も含めて考えていくことがポイントです。飲酒の習慣や喫煙習慣がある場合には、AGEが生成しやすくなるということがこれまでの研究などで指摘されているといわれていますので、これらも含めて見直していくということが体内で起こるこのような現象を予防するという点でも重要なポイントです。このように、糖化対策については糖質制限で予防を行うことが可能といわれているのです。