糖化って何?老化に関係する理由とは

老化をの原因といわれている糖化。
カラダのコゲといわれ、美容にも健康に影響が出るといわれています。

実際に糖化はどのようなものなのか?を説明していきたいと思います。

糖化とは

Crème Caramel in Jars

糖化(glycation)とは、食事などで取った余分な糖が、体内のたんぱく質などと結びついてカラダのあらゆる部分に悪影響を及ぼす現象です。

この余った糖は酵素等の働きとは関係なく、たんぱく質とくっついて反応を起こし最終的にはAGEs(終末糖化生成物)という老化物質を生成してしまいます。
そのAGEsが悪影響の原因となっていて、AGEs自体は体内で分解されにくいとされているので、どんどん蓄積していきます。

体内では筋肉をはじめ、たんぱく質で出来ているものが沢山あり、それらのたんぱく質が変質してしまうと体内で正常な働きが出来なくなってしまいます。
それが老化現象に結びつくといわれているんですね。

糖化がおきると様々な影響が出ますが、それは健康にも美容にも影響があり、とても他人事とは思えない恐ろしいモノなんです。

糖化するとどうなるの?

toasted bread with crumbs

糖化するとカラダに色々な悪影響を及ぼしますが、具体的にはどのような影響が出るのでしょうか。
美容、健康面に分けて主な症状をまとめてみました。

糖化による美容影響

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • 髪の毛のハリがなくなる
  • 髪の毛のツヤがなくなる
  • 肌の褐色化

糖化による健康影響

  • 動脈硬化
  • アルツハイマー
  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 骨粗鬆症
  • 末梢神経障害
  • 難聴
  • 失明
  • メタボリックシンドローム

免疫力や新陳代謝の機能を低下させたり、コラーゲンを堅くもろく変質させて肌や骨、血管へ影響しあらゆる所で老化現象を表します。
このように様々な影響が出る為、アンチエイジングでも重要視され話題となっています。

 

どうやって糖化がおこる?

Woman refuses white sugar. Dieting, Health care and diabetes prevention concept

糖化は余った糖とたんぱく質が結ばれる事をいいますが、ただ糖を過剰摂取したから起きるわけではありません。
もちろん不摂生している人や過剰摂取をしている人の方が糖化が起こりやすくはなりますが、普段甘いものを食べないからといって糖化が起きていない訳でもないのです。

糖化は血糖値が高い時におこりやすい為、たとえば普段甘い飲み物や、スイーツ等を好んで食べていなくても起こる可能性があるからです。
血糖値が高まった時にカラダがエネルギーにする為に働こうとしますが、急に血糖値が上がるとその糖を一度に処理できなくなってしまいます。
そしてそれが余った糖とされて、糖化反応を起こしてしまうんですね。

身体のタンパク質は日々合成と分解を繰り返している為、タンパク代謝によって自然排出しています。
細胞内で常に生じた異常タンパクを除去し、分解によって生じたアミノ酸を再利用して機能を維持しており、タンパクの代謝によって血中に浮遊したAGEsや食事によって腸管から吸収されたAGEsは腎臓で尿中に排出していきます。

しかし、大量のAGEsが体内で発生している場合にその処理ができなくなってしまったり、加齢によってタンパク合成機能が低下して代謝が遅くなってしまう事があるので、排出がしにくくなる要因が重なってしまうとどんどん蓄積されてしまします。

 

糖化と老化の関係

Giving Support

生活習慣病とされる数々の病気も「糖化による現象ではないか」と研究されており、色々なことがわかってきました。

加齢によってタンパク合成機能が低下するのも糖化が原因の一つとなります。

タンパク質の分解・合成を行っている酵素もタンパク質で出来ている為、こちらが糖化してしまうと働らかなくなってしまいます。
ですので、加齢と共に蓄積してしまったAGEsと老化現象は関係性が深く、糖化=老化と表現されています。

糖は糖尿病との関係性も大きくありますが、糖尿病患者が健常者よりも老化が進むのが早いと言われており、糖化現象と老化を結びつける研究も進んでおり、糖尿病のみだけでなガンと糖化の関連性も明らかになってきていたりします。

アルツハイマー病も、健常な高齢者と比べ脳に約3倍のAGEsが蓄積されていたと報告されています。
人の身体はタンパク質で構成されている部分が多く、臓器や皮膚だけでなく身体を動かすために働いている酵素等もタンパク質で出来ている為、機能を低下させたり、そのものの質を下げたりするので、直接的な原因として捕らえやすいものが多いです。

ただ気づいた時には…となることが多く、今では自分の糖化レベル把握や普段から糖化ケアをしていくための意識づけをする運動をしている所が多くあります。

健康で若々しいままでいる為に

”気づいた時から”ではなく”これからの為”にも若いときからの糖化ケアはとても重要となります。
将来健康にいる為や美しくいる為にも、糖化反応は重要と言えますので意識して気をつけていけるといいですね!