抗糖化が期待できるマンゴスチンとは?

皆様マンゴスチンというフルーツはご存知でしょうか。
日本ではあまり馴染みがないフルーツではありますが、実はこのフルーツ今話題の糖化に対して効果があると言われています。

謎に包まれたそのフルーツをご紹介します!

マンゴスチンって何?

マンゴスチンは熱帯地方で栽培されている果樹で、厚くしっかりとした果皮に包まれている白く柔らかな果肉にはすっきりと上品な甘味があり「果物の女王」と呼ばれるにふさわしい味わいとして人気です。
かつてヨーロッパから訪れた多くの探検家を魅了したマンゴスチンは、19世紀の大英帝国に君臨したヴィクトリア女王をも強く魅了したと伝わります。

果肉の美味しさでいつの時代も世界中の人々をとりこにしているマンゴスチンは、近年果皮に含まれている優れた栄養素の数々が注目されるようになっており、その成分が活かされたサプリメントに熱い視線が注がれるようになっています。

アンチエイジングの味方をしてくれるフルーツ

厚みがあり適度な固さがある赤紫色の果皮は非常に多くのポリフェノールを含んでおり、キサントン類・プロシアニジン類・カテキン類といった強力な抗酸化力や抗菌作用を持つ成分に恵まれ、疲労回復や免疫力アップなど人体に嬉しい効能をもたらします。

抗酸化作用はアンチエイジング対策に欠かせない効能の一つですが、酸化と共に老化を促進する「糖化」というキーワードが、昨今急速に注目されるようになってきました。

メイラード反応とも呼ばれる糖化も、酸化同様に人体の老化を促進させる作用をもたらしますが、細胞を酸化させて老化を早める酸化と違って、糖化の場合は糖がタンパク質と結合することで体内のコラーゲンなどのタンパク質を変質・劣化させて老化物質をつくり出します。
コラーゲンが硬くなり水分保持ができなくなって本来のメリットが失われてしまうとされ、糖化リスクによるダメージは美容と健康を大いに損ねるものです。

糖化は加齢によって代謝機能が低下することで一層進んでしまう上アルコールや糖質の摂り過ぎ、睡眠不足・運動不足など不規則な生活でも加速して全身の老化を早めてしまう恐れがあります。
その厄介な糖化リスクを低減させるためには適切な糖化ケアが必要になりますが、そのカギを握るのがマンゴスチン特有の水溶性ポリフェノール「ロダンテノンB」という成分です。

強力なポリフェノールのすごい効果

ロダンテノンBはマクルリン配糖体の一種で、糖化の原因になる糖化反応生成物AGEs(Advanced Glycation End-products)が体内に蓄積されるのを防御する働きを持つことが近年の研究によって明らかになり、糖化ケアに有効なサプリメントも開発され、アンチエイジング対策への高い有効性が期待されています。
そんなポリフェノールの効果は大きく分けて3つあります。

コラーゲンを守る

ロダンテノンBには糖化反応阻害剤のアミノグアニジンと比べても高い抗糖化作用を持つことも確認されていることから、薬に匹敵する成分を持つ抗糖化力を備えた強力なサプリメントが登場したことになり、有効性の高いエイジングケアサプリを探している人々の間で話題を集めました。
ロダンテノンBの効能は糖化からコラーゲンなどを守ることもあって、まず美容面で大きな期待を集めており、コラーゲンやヒアルロン酸を取り入れるよりもロダンテノンBの摂取によって改善が早められると言われています。

コラーゲンを作る

ロダンテノンBは肌の繊維芽細胞というコラーゲンなど真皮の成分をつくり出す細胞を活発化させる作用に優れていることも確認されていることから、肌にハリやうるおいをもたらすための高い効能を持つことが明らかにされました。
肌に良い成分を補うばかりではなく、肌に自ら良い成分を生み出すパワーを与えるのが、ロダンテノンBの役割と言えます。

骨の強度を保つ

マンゴスチン由来のロダンテノンBが持つ高い抗糖化力は美容面のみならず、全身の健康維持にも大いに役立ち、特に注目されているのが骨への作用と言われています。
骨も糖化とは無縁ではなく、ペントシジン呼ばれるAGEsが骨に蓄積することで骨の強度が低下してしまうとされ、加齢と共に骨粗しょう症のリスクが上がっているところに糖化が追い打ちをかけることになってしまいます。

この骨の糖化にもロダンテノンBが役立つことが期待され、血中のペントシジン濃度をロダンテノンBが低くすることが判明していることから、骨の中のペントシジン蓄積も抑制されると考えられており、骨の糖化をくい止めて強度を保つことが可能になることが期待されています。

コラーゲンの糖化を防ぎ、細胞から生み出すサポートも行うロダンテノンBは、美容面のコラーゲンに福音をもたらすだけではなく、関節や軟骨にとっても非常に重要な成分であるコラーゲンを糖化から守ります。

骨の糖化を防ぐと共に老化によってすり減りがちな軟骨を助けて関節のなめらかな動きを守ることにも役立つ可能性に満ちていることから、アンチエイジング対策には無くてはならない成分という見方までされるようになってきました。

エイジングケアの救世主

果物の女王として爽やかな甘味が人気のマンゴスチンは、果肉ばかりでなく果皮にこそ大きな魅力が秘められていることが明らかになり、世界中から新たな賞賛の眼差しで見られるようになっています。
その素晴らしい効能をサプリメントで手軽に摂取できるようになってきたことも含め、エイジングケアの今後にこれまで以上に大きな期待が寄せられています。
これからエイジングケアをお考えの方はぜひ試してみてくださいね!