まずは食事を改善!糖化の進行をストップしよう!

体が老化する、焦げる、化石化するなどと表現される「糖化」の現象。

これまであまり注目されることがなかった糖化ですが、研究が進み、老化を促進させる恐ろしい存在であることが明らかになってから、メディアに取り上げられることも増えました。

糖化は恐ろしい、でもどうしたら抑制できるのかー。
その具体的な方法をご存知の方はまだまだ多くないようです。

そこで糖化はどのようにしたら回避できるのか、その方法をご紹介します。

糖化についておさらいしよう!

 

糖化について何となくは知っている。でも何かと言われたら説明はできない…

そんなあなたのため、改善策を確認する前に、まずは糖化とは何かを確認をしてみましょう。

糖化とは、タンパク質が糖と結びつくことにより変性し、AGE=糖化最終生成物を生み出すことを言います。

このAGEは老化を加速させ、様々な病気を招く恐ろしい物質。

体内にAGEが増えると、体内のタンパク質でできた組織は変性しどんどん衰えていきます。するとこれら組織は本来の働きができなくなってしまうのです。

糖化が進むと、肌のツヤやハリが失われ、シミやしわができます。
正に美の大敵。
見た目年齢、肌年齢が大きく変わり老けてしまいます。

また糖尿病合併症、認知症、動脈硬化や心筋梗塞などの様々な病気の引き金になります。

美と健康を脅かす恐ろしい存在、それが糖化なのです。

糖化の進行を止めるなら、食事を改善すべし!

糖化はどんなに健康でも完全に防ぐことはできません。

しかし糖化を最小限に留められる人がいる一方で、どんどん進行させてしまう人もいます。

一体何が違うのでしょうか?

まず重要なのは食事です。
糖化を抑制するためには、まず食事を改善しなくてはなりません。

ここではその改善策をご紹介します。

野菜から順番に食べよう!

食事をするとき、あなたは普段何から手をつけていますか?
「まずは白いご飯から」
「そもそも食事の順番なんて考えたこともない」

そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。

糖化を防ぐには、食事の順番が非常に大切。
以下の順番で食事をしましょう。

  1. 野菜、海藻、キノコなどの食物繊維を多く含む食材
  2. お肉やお魚などのタンパク質類
  3. ご飯やパン、麺類などの炭水化物類

なぜこの順が良いのでしょうか?

糖化を防ぐためには食後の血糖値の急上昇を避ける必要があります。

食物繊維には糖質の吸収を緩やかにする働きがあります。そのため、先に食物繊維をくちにすることで血糖値の急上昇を回避することができるのです。

食前にヨーグルトを食べよう!

食事の前に無糖タイプのヨーグルトを食べることも効果的だと言われています。

実は詳しい因果関係は研究中なのですが、ヨーグルトのホエイに含まれる成分に、血糖値上昇の抑制作用をもつ成分が含まれていると考えられています。

どこででもそれほどお金をかけずに手に入れられるヨーグルトですから、毎日の習慣にしたいですね。

緑の野菜をたくさん食べよう!

葉菜類を中心として緑色をした野菜をたくさん食べましょう。

緑色の野菜は糖尿病の発症を抑制し、AGEを生成を抑える働きがあります。

1日に両手いっぱいくらいの野菜をとる習慣をつけると良いでしょう。

野菜は野菜でも、じゃがいもやニンジンなど糖質が多い野菜もありますので、「緑の野菜」と覚えておきましょう。

夕飯は寝る3時間前まで!

最も血糖値が上がりやすいのは食後1時間

このタイミングで寝てしまうと十分なエネルギー消費も行われず、血液中に余分な糖があふれてしまいます。結果としてAGEが増えてしまいます。

就寝の3時間前には食事を終えるようにしましょう。

ここまで糖化を抑制するために、どのように食生活を改善したら良いかをご紹介しました。

どれも手軽にできることばかりですよね?
早速今日から試して見てくださいね!

食生活を見直して、いつまでも美と健康をキープしよう!

残念ながら今はまだ体内にできたAGEを分解、排泄する方法は確立されていません。

そのため、常日頃から糖化を抑制するための小さな工夫を重ね、予防することが大切です。
その小さな積み重ねが未来の美と健康を大きく左右するのです。

糖質は本来私たちが活動する上で欠かせない大切な存在。
上手に付き合って、いつまでも美と健康を維持したいですね。