糖化菌ってなに?

糖化菌というものを皆様御存知でしょうか。
アンチエイジングで話題となっている糖化ですが、糖化菌というものが存在するということで、それが良いものなのか悪いものなのかを調査してみました。

糖化菌とは

NATTO is one of typical Japanese food

糖化菌は、枯草菌など糖化作用を持つ微生物グループの呼び名です。
乳酸菌のようにお腹に良いと言われている菌と同じく胃腸内に存在する菌になります。
酸素がないと生育できない菌になりますので、腸の上部で増殖をしています。

この微生物は日本で昔から大豆の発酵食品である納豆をつくるために使われてきました。
また、熱や酸、アルカリに対し抵抗性をもつといった特徴があり、芽胞という細胞構造を作り出すため大変生命力が強く、たいへん過酷な環境下でも生き抜くことができるという特徴をもっているのです。

この生物は、アミラーゼ(糖化酵素)を産生してデンプンを糖へと分解をするという性質があり、エネルギーとして使用される糖を分解する為の酵素を生み出しているので非常に重要な菌になります。

お腹の調子を整える菌

young woman having a stomachache

糖化菌は耐久性の高い芽胞という組織覆われているため、人間がこの微生物を摂取しても胃酸や胆汁酸の影響を受けず、生きたまま腸まで届くというメリットがあり、医薬品にも採用されているという実績などもある注目の微生物です。
そして生きたまま腸に届いた後、主に小腸の上部に棲み、腸内で身体に良い働きを促します。

糖化菌は、アミラーゼを産生するだけではなく、乳酸菌の増殖を促進させる働きがあると報告されており、糖化菌と一緒に乳酸菌を培養すると、単独で培養されるのと比較すると約10倍増殖するといわれています。

また、デンプンなどの炭水化物を分解して糖を産生すると、その糖が善玉生物の栄養分となり、腸内でこれらの微生物の増殖を助けるといった働きを行います。
ですので、糖化菌の代謝物質は腸内にいるビフィズス菌の増殖を促進する作用があり、糖化菌を摂取すると腸内で善玉生物を増やすという働きをしてくれる事になるんですね。

そしてそれだけに留まらず、腸の粘膜に起こる炎症を緩和するという働きやコレステロールや中性脂肪の吸収を抑制するといった作用などもあるといわれています。
その為、これらの善玉微生物の働きによって、腸内環境をよく保ち、コレステロールなどが腸内に吸収されるのを防いでくれるという効果が期待できます。

プロバイオティクスと糖化菌の関係って何?

Probiotics medical equipment eating healthy concept.

糖化菌はプロバイオティクスといい整腸効果のある菌として考えられています。

プロバイオティクスは、善玉菌である、糖化菌、乳酸菌、酪酸菌等の事を示し、お互いに共生、増殖することによって高い整腸作用を期待できるモノの事を言います。
高い整腸作用とは、腸内フローラバランスを改善して、健康に対してよい影響を与えて行くことを指しますが、善玉菌自体は耳にすることは多いのではないでしょうか。

プロバイオティクスは腸内フローラを構成する微生物であったり、胃液や胆汁などに耐え、生きたままで腸に到達できるという条件や、下部消化管で増殖ができるといった条件を満たす特定の微生物もプロバイオティクスに含まれると考えられています。
プロバイオティクスという名前の由来は、プロバイオシス(共生)という意味の言葉に由来していると言われています。

実際にプロバイオティクスの微生物による整腸作用として挙げられている例が、便秘や下痢などの症状の改善効果や、乳糖不耐症の改善効果、免疫機能の改善による感染防御やアレルギー抑制効果などです。
他にも、動脈硬化を予防してくれる効果や抗腫瘍作用といった人の体にもたらされる良い効果が挙げられます。

このような効果は、この微生物のサポートで微生物が増えることで腸内フローラの改善につながっていったといえます。
人間の腸には腸内に住んでいる微生物がコロニーをつくって生活しているといわれています。
腸内フローラはお花畑という意味があり、このような微生物のコロニーが形成されている様子がお花畑のように見えることがからそういった名前が付けられたといわれています。

腸環境が良いことは身体も健康になる

woman with health intestine concept on the blue background

腸内フローラを構成する微生物には大きく分けると3種類あるといわれています。
善玉菌と悪玉菌と日和見菌です。
糖化菌を含む善玉菌は体をより健康的にしてくれる微生物ですので、この生物が増えると肌の調子が良くなったり、体の不調が改善するなど、健康上や美容上によい効果が現れます。

それに対し、悪玉菌と呼ばれる微生物がいます。
悪玉菌と善玉菌は絶えず闘っており、悪玉菌は善玉菌と逆の働きをする菌になりますから、増えていくと体の調子が悪くなったり病気になったりしていきます。

そして、腸内フローラを構成する生物には日和見菌がいます。
善玉菌と悪玉菌以外の微生物のグループで、日和見はこれらの2種類の微生物同士が縄張り争いをしていると、優勢な方に味方する菌です。
数としては多いのですがどちらかに味方するようになっているのです。

糖化菌は腸内の微生物の争いでは善玉に味方をし、善玉のエサになる等を作っています。
そのため、この生物を腸内に届けるということは腸内環境を整えるという点ではとてもメリットがあるということなのです。

菌生活をしてみよう

昨今では、プロバイオティクスのヨーグルトなども注目されています。
ヨーグルトの中にある良い働きをしてくれる微生物が生きて腸まで届くようになっている商品も多く発売されています。
また、腸内の善玉微生物をサポートしてくれる働きが期待できるヨーグルトは美容や健康などによいという理由でとても人気があります。
糖化菌はどんなに過酷な状況でも生き抜くという性質があり、そのような微生物の活動によって作り出された糖は善玉微生物を増やしてくれるのです。
そのため、善玉といっしょに共生せるということによってより健康に美しくなれます。
よい微生物をたくさん体の中に取り入れていきましょう!