老化を招く「糖化」の怖い話

最近、テレビなどでなにかと話題の「糖化」というワード。
その正体は、余分な糖分が老化物質・AGEsに変容してさまざまな老化現象を引き起こすというおそろしいものです。
今回は、糖化=老化のメカニズムについて解説していきます。

糖化とは?

たとえば、ホットケーキを焼く時の光景を思い浮かべてみてください。
小麦粉や砂糖、たまごを混ぜた真っ白な生地(タネ)を鉄板で加熱すると、少しずつこんがりしたきつね色に変わっていきますよね。
これが食べ物における糖化反応の一例。
生地に含まれる砂糖の糖分と、たまごのたんぱく質が加熱によってがっちりとむすびつき、褐色に変化することが、すなわち「糖化」というわけなのです。

体内の糖化は、先ほどのホットケーキでいう砂糖が血液中の糖分(血糖)。
たまごは体の組織をつくっているたんぱく質と置き換わります。
鉄板の代わりは、身体の熱=体温です。
必要なだけ摂取した糖分はエネルギーとして消費されていきますが、食生活の偏りで糖分が過剰になっていると、余った血糖はたんぱく質と結合し、AGEs(終末糖化産物)という老化物質をつくります。
食べ物に起こる糖化は、食欲をそそる魅力的な変化ですが、私たちの体内で起こる方の糖化は厄介な現象を招きます。
それが、老化現象なのです。

糖化がもたらす変化とは?

ではこのように、たんぱく質の変化=糖化現象が人体で起こると、いったいどうなるのでしょうか。

シミ、くすみの原因

ホットケーキが白からきつね色へ変わるように、体内で糖化が起こるとたんぱく質の色も褐色に変わります。
これが肌のたんぱく質(細胞)で起これば、そのままシミやくすみの原因になります。

弾力やハリの喪失

皮膚を支えるコラーゲンは、たんぱく質の一種です。
肌で糖化が起こると、コラーゲンたんぱくが変質してしまいます。
この時、焦げたパンが固くなるようにコラーゲンもまた従来のしなやかさを失い、硬くハリのない肌に変わってしまうのです。

骨粗しょう症

糖化は全身の細胞で起こる現象なので、骨も糖化することがあります。
先に述べたように、糖化で褐色に変わったたんぱく質は柔軟性がなくなり、硬くもろい細胞になります。
糖化した骨は強度が低下し、いわゆる「骨粗しょう症」状態となるのです。

他にも、糖化によって生じたAGEsが脳に蓄積されればアルツハイマー病の一因になりますし、AGEsが引き起こす炎症は動脈硬化を招くと言われています。
糖化は、生活習慣病と呼ばれる病気から肌や骨の衰えまで、あらゆる大病や老化に繋がっているのです。

糖化は突然起こる?それとも……

実に恐ろしい糖化現象ですが、病気の発作のようにある日突然起こるものではありません。
あなたは今日、何を食べましたか?昨日、おととい、先週の食事はどんなメニューと量だったでしょうか?
炭水化物や甘いものを好んで、野菜やたんぱく質をおそろかにしていた日はいくつありましたか?

そう、糖化とは毎日の食生活や習慣の積み重ねによって加速していくものなのです。
糖化は誰の身体にも日々起こる現象ですが、過剰な糖分を生み出す食事が多ければ多いほど、その人の糖化は健康的な生活を送った人よりも倍速で発生します。
いくつになっても若々しい人と、まだ若いのに老け顔が板についている人の分かれ道は、糖化=老化への対策をどこまで真剣に行ったかによると言えるでしょう。

当サイトでは、糖化を防いでいつまでもキレイでいたい方にぴったりの抗糖化に関する様々な情報を公開しています。
あなたの抗糖化ライフに、ぜひお役立てください。